Just another WordPress site

プリュテックとは

プリュテックとは、厚生労働省認可の食品添加物である次亜塩素酸ナトリウム(殺菌剤)と希塩酸と水を特許技術と特殊な装置で希釈混合して生成した、次亜塩素酸を主成分とする弱酸性の安全無害な次亜塩素精製水です。

環境・人体等に全く無害・安全で有りながら、さまざまな菌に対して効果的に作用します。

しかも、中性に近い弱酸性の低濃度で使用するため、人体に対しては全くの無害ですから、皮膚の炎症や手荒れなどを引き起こさず安心してお使い頂けます。

また、除菌だけに限らず、アンモニア・硫化水素・トルメチルアミン・酢酸などの強烈な悪臭も同時に分解消失させる強力な消臭力をも併せ持っています。

強力で安全な除菌と瞬間消臭を実現した弱酸性次亜塩素精製水、それがプリュテック水です。

次亜塩素酸って何?

次亜塩素酸は人体内でも造り出されていて細菌などの異物を分解するために活躍しており、その安全性も既に証明されています。

しかし、血液中でその次亜塩素酸が発生していると言う事実は意外と知られていないのが現実のようですね。
血液の中には白血球・赤血球・血小板の三種類の細胞が有り、それらが骨髄で作り出されている事はみなさんもご存知だと思います。

その中の白血球には、好中球(こうちゅうきゅう)・好酸球・好塩基球・単球・リンパ球などの種類が有りますが、その大部分は好中球とリンパ球なんです。

その好中球は細菌の病気を、リンパ球はウイルスの病気を防いだり治したりする仕事をしています。

好中球にはミエロパーオキシダーゼと言う酵素が大量に存在していますが、その酵素の働きにより、活性酸素の一種で有る過酸化水素を塩素イオンと反応させ次亜塩素酸を作り出します。

一般的に、活性酸素が体内に侵入した細菌などの異物を分解しているのに活躍していると言われていますが、実際にはその活性酸素も次亜塩素酸に変化した形で細菌などの異物を分解するために活躍していたんです。

それなので、好中球がこの次亜塩素酸を生成させるのは、まさに 『安全に殺菌するため』 ですし、生命が数億年かけて、この次亜塩素酸の血液中での安全性を証明して来たと言えます。
参考文献『活性酸素と疾患』より
参考文献『活性酸素と疾患』より