株式会社創研


安全性について

プリュテックは長い実績により保証された安全性

医療現場のドクターと15年以上、臨床の現場で実績とエビデンスを重ね、2008年に特許を取得した技術と装置で、経時変化しにくく安定性の高い次亜塩素酸水ができました。弊社は発売以来、特許製法により、安定性の高い高品質の次亜塩素酸水を生産する用に厳しく管理しております。
⇒主な実績

プリュテック水の成分

プリュテックの主成分である次亜塩素酸は、生体の白血球で作られる、免疫物質として働く有益な活性酸素です。次亜塩素酸は人体内でも造り出されていて細菌などの異物を分解するために活躍しており、その安全性も既に証明されています。 一般的に、活性酸素が体内に侵入した細菌などの異物を分解しているのに活躍していると言われていますが、実際にはその活性酸素も次亜塩素酸に変化した形で細菌などの異物を分解するために活躍していたんです。それなので、生命が数億年かけて、この次亜塩素酸の血液中での安全性を証明して来たと言えます。

プリュテック水は環境、人体等に全く無害・安全

プリュテック水の主成分である次亜塩素酸はウイルスや細菌を除去したら、水になって残らないので、抗生物質やアルコールの様に耐性菌を作らない漂白系除菌剤と全く異なる成分であり、弱酸性の為人の肌と、人体への刺激や手荒れ、衣服への漂白などのリスクが少ない プリュテック水は有機物に接触すると、プリュテックは普通の水に戻るため、金属腐食などのリスクが少ない、環境に優しいアルコールの様に体に付着しても化学火傷を起こす危険がない。

プリュテックの安全性は様々な試験で実証されています

【単回経口投与試験】→異常は認められない
【眼刺激性試験】→刺激性なし
【皮膚1次刺激性試験】→刺激性なし
【皮膚累積刺激性試験】→刺激性なし
【感作性試験】→感作性なし
【復帰突然変異試験】→誘起する作用なし

※試験機関:食品農医薬品安全性センター

ページのトップへ戻る